<< 山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞) | main | 最優秀は激辛「国民にたっぷり仕分けされる夏」(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)

 山形県は今年度、植樹や枝打ちなどの森づくり活動に応じて二酸化炭素(CO2)削減量を“貯金”していく「森の貯金通帳制度」を始める。

 単独のイベント参加にとどまらず、継続的に、楽しみながら取り組んでもらうのが狙い。CO2貯金量が1000キロに達すると「森の達人」認定証が交付されるといい、担当者は「活動の成果を実感できる取り組みにしたい」と期待している。

 参加者には、持ち主だけの口座番号が付与された「森の貯金通帳」を発行。苗木の植え付けや枝打ち、つる切りなどの森林整備を行うごとに、作業数や植栽本数に応じた削減量を記入していく。植栽は1本当たり2キロ、下刈り・つる切りは参加1回(150平方メートル)当たり75キロなど、活動内容別に貯金量も設定した。

 6月から、県内4か所にある「県民の森」のひとつ「源流の森」(飯豊町須郷)でモデル事業を開始。毎週土日の森づくり活動を想定し、作業終了後、同施設がCO2量を認定する仕組み。県みどり自然課は、「1000キロ分を貯金すれば、乗用車1台が排出するCO2の半年分を削減したことになる。個人や家族で気軽に取り組める環境貢献として定着してほしい」と話している。

しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料(産経新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
すり未遂容疑で文科省職員逮捕=電車内、「2、3回やった」−警視庁(時事通信)
<訃報>堀多恵子さん96歳=作家・堀辰雄の妻(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 02:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
皐月賞
エリザベス女王杯
クレジットカード現金化
ブラック キャッシング OK
宝塚記念
情報商材レビュー
探偵社
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM